ブログ

各種予防接種を実施しています

子供たちは感染症に対して免疫がないので、発病します。予防接種で免疫をつけることで、重い病気を軽くすませることができ、例えばおたふくかぜにかかったときの髄膜炎や一生続いてしまう難聴などの合併症を、防ぐことができます。生後2か月から予防接種はスタートしますので、感染症にかかる前に受けさせてあげて下さい。
間島医院